石垣市の概要

石垣市の概要

位置(美崎町14番地) 北緯24度20分26秒 東経124度09分20秒

面積(R2.3) 229.15k㎡

気象(R2 概況) 年平均気温 24.3℃

年間降水量 2,106mm

人口(R2.4) 総数 49,644人

世帯数 24,644世帯

経済活動純生産額(H28)
第1次産業 77億円
第2次産業 224億円
第3次産業 1,289億円
計 1,590億円

所得額(H28) 1人当たり市民所得額 242万円

病院・診療所数(H30.10) 32ヵ所

学校数と在学者数
(H28 学校基本調査)    幼稚園19(736人)
小学校21(3,577人)
中学校9(1,531人)
高校3(1,485人)

都市公園と面積(H28.4) 11ヵ所 2,432,200㎡

親善都市 岡崎市(愛知県・昭和44年2月提携)

友好都市 稚内市(北海道・昭和62年9月提携)
北上市(岩手県・平成26年1月提携)

姉妹都市 蘇澳鎮(台湾・平成7年9月提携)
カウアイ郡(米国ハワイ州・平成11年10月提携)

ゆかりのまち 上板町(徳島県・平成12年10月提携)

一般会計の決算(H27)  歳入 270億4,236万6千円
歳出 262億0,785万4千円

石垣市の主な産業

織物、焼物、挽物等の伝統工芸品をはじめ、食品、果物、酒類、花類等の数多くの特産品があり、平成元年には八重山上布、八重山ミンサーが通産大臣指定伝統工芸品の指定を受けました。石垣牛と八重山かまぼこ、石垣の塩は地域団体商標を取得しており、その他八重山そば、あおさ、もずく、車エビ等が代表的な産物で、果物ではパイン、パパイヤ、すいか、マンゴー、パッションフルーツ等が栽培されています。また、我が国最古の蒸留酒である泡盛も人気な特産品のひとつです。

畜産業

温暖で豊富な太陽エネルギーに恵まれた立地条件を活用して、繁殖牛(肉用牛)を主体とした畜産振興を図っています。 約22,800頭(H24)の飼養されている肉用牛の品種改良と資質向上に努めています。

水産業

四面を海に囲まれ、恵まれた漁場をもち、漁港及び陸上機能施設も整備され、水産業に期待が寄せられています。 魚のほか、貝、海藻、養殖で年間約2,000万トン(H29)が水揚げされています。

農業

亜熱帯海洋性気候のすぐれた特性を活かした農業の振興をめざしています。 地域特性を活かして地域経済に大きな役割を担っています。

観光業

東アジア圏域から太平洋への玄関口をなす位置にあり、亜熱帯の美しい自然に囲まれた常夏の島であり、独自の伝統文化が生活の中で生きています。 H25.3新空港開港以降、観光入域客数の増加傾向が続いています。

詳細はこちら⇒統計いしがき