お天気あるある 八重山諸島編

こんにちは

今回の台風5号は大東島の東海上を北上し、石垣島には影響はありませんでした。
関東地方の友人から、安否確認のメールが来ておりましたが、一言で沖縄といっても
東は南北大東島、西は与那国島、南は波照間島と広くちりばめられていて、本島が暴風圏に入っても石垣島を含む
八重山諸島は台風一過の青空か、全く関係ないか、と様々です。

また、2000年ごろまではテレビの天気予報で石垣島に台風が向かっているにもかかわらず、キャスターの方が笑顔で
「今回の台風は日本に関係ありません。」と発言することも少なくありませんでした(笑)
さすがに現在では石垣島の知名度が上がったのか?コンプライアンスの問題からか?
こういった発言はなくなったようです。

昔とはいっても平成、旅番組で沖縄本島の最南端に立った旅人(芸能人)が、「ここから先は台湾です。」と海に向かって叫んでいたのも記憶に残っています。
「私たち、国税払って国籍や選挙権もあるのに日本人じゃないのね???」と思わず突っ込んでしまいます。

東京のキー局と言われている放送局の天気予報にも、沖縄本島は地図に載っていても、南西諸島は全く表示されていない天気予報の放送が結構普通にあります。
天気予報士さんの試験に南西諸島は出てこないようですね。
また、大陸を含む広域地図が表示されても、南西諸島がキャスターの立ち位置の後ろで隠されてしまうこともあるあるです。

北の樺太半島は表示されているのになんででしょうね。

来週は海神祭、ハーリー鐘が鳴ると梅雨明けと言われています。

倉田 まゆみ

東京都出身。1988年に石垣島へ移住。
株式会社シー・エス・ジャパン代表取締役。
東京でのシステムエンジニア時代に休暇を利用して初めて石垣島へ
移住当初はダイビングショップの船長として働き、2014年にIT会社を起業。
石垣島で生活している人々の価値観やライフスタイルに共感。